通常表示
通常表示

まだ暑さが残る9月、夏服にもすっかり飽きて、そろそろ秋の気分を着こなしに取り入れたい季節。今季は全体のトレンドがガラリと変わり、こっくりとした濃密なカラーが多数ラインナップ、色が重要なキーワードに。どう着こなしたらいいか迷ってしまいそうな目新しい色も多いので、素敵な取り入れ方をスタイリスト小山田早織さんに教えていただきました! 

スタイリスト / 小山田早織
撮影 / 蓮見 徹
取材・文 / 坪田あさみ

小山田さんがこの秋注目する秋のトレンドとは?

こっくりとした濃いめカラーが大人気!
秋素材との組み合わせで取り入れて
「今季はトラッド、マニッシュなどのトレンドスタイルを意識してコーディネートを組むようにしています。その中でも色の果たす役割は大きく、注目しているカラーは、ボルドーやマスタードイエロー、ディープグリーンなど。これまでのトラッド、マニッシュなスタイルも、これらの色を効かせることで、ぐっと女らしさがアップし、ドラマティックな雰囲気もプラスされるんです。素材ではベロアやスウェード、ピーチスキンなどが多く、これらの素材との組み合わせなら、こっくりとしたカラーも派手すぎず、上品な印象に仕上がります。柄ではグレンチェックや千鳥格子などもおすすめ。旬カラーとの相性がよく、一気に今年らしく見せてくれますよ」
シンプルなデザインのアイテムなら
旬カラーも簡単に取り入れ可能!
「春夏は鮮やかなできれいな色が人気でしたから、秋冬のこっくりとしたトレンドカラーを難しいと感じる人も多いかもしれませんが、服そのものはシンプルでベーシックなものが多いので、意外と取り入れやすいのが特徴です。手持ちの服に一点新しい色を投入するだけで、見慣れた服もまた違った印象になるので、着回しの幅がぐっと広がります。ぜひ挑戦してみてください。またバッグや靴、ストールなど小物にそれらの旬カラーや素材を使ったものも多いので、面積の小さいものから取り入れてみるのも簡単でおすすめです」

カーキだとカジュアルになりすぎるパンツも、ディープグリーンならどこかクラシカル。ハイウエスト&ワイドで脚長効果抜群。

トラッドな色と柄を大人っぽく。奥行きのある着こなしが完成

「ディープグリーンのパンツとグレンチェックのロングジャケットで全体を縦長に、トラッドなテンションがありながら、大人っぽくエレガントに作ったコーディネートです。パンツはハイウエストで共布ベルトがついたデザインなので、脚をぐっと長く見せてくれる効果があります。本来マニッシュなアイテムのグレンチェックの中にマスタードイエローが入っているので、パンプスとネックレスも同色でつないでみました。ベーシックなデザインの服なので、色×色の着こなしも決して派手に見えず、通勤スタイルにもおすすめです」

ふわふわの肌触りのアンゴラ素材と、鎖骨が見えるクルーネックが女っぷりをアップ。ほどよくルーズなシルエットも今どき。

ボルドーの持つレディ感を堪能!
着るだけで美女度が上がる!

「クラシカルでフェミニンなテイストは、春夏から続いているトレンドで、秋もさらに女らしい着こなしが気分です。このボルドーのニットも、鎖骨が見えるデコルテの開きや、ルーズなシルエットがとても可愛らしいデザイン。デニムと合わせてカジュアルダウンしても素敵ですが、あえて前後差のあるフィッシュテールのスカートで、ドラマティックに組み合わせてみました。ニットと同じホルドーが入ったジャカードスカートを合わせ、足元もボルドーのパンプスでフェミニンに。ちょっとしたパーティや食事会などのお出かけシーンでも抜群の存在感を発揮します」

温かみのある質感が秋冬にピッタリなピーチスキン。ウエスト後ろのみゴムになっているので、見た目はきれいめながら楽ちん。

マスタード×グレンチェックが新鮮!小物次第でオンオフともに活躍。

「本来、カジュアルになりがちなマスタードですが、素材選びや小物で大人っぽい着こなしにも取り入れることができます。例えば、このワイドパンツはピーチスキンのしっとりとした質感で、グレーのニットとも相性がよく、パンプスを合わせれば、オフィスなどにも違和感のない着こなしになります。私はあえてファースリッパやサッシュベルトを合わせてトレンド感たっぷりに仕上げてみました。ニットは襟足が抜けた背中コンシャスなデザインなので、パンツスタイルでもどこか女らしい雰囲気が演出できます」

袖がプチバルーンになった今季らしいディテールが特徴。寒色ながらほどよくルーズ感のあるフォルムで女らしさを演出したい。

まろやかなホワイトを差して
ワントーンにほどよい抜け感を

「今年は旬カラーとしてかなりフィーチャーされているピーコックブルー。この色を取り入れたハイゲージニットは、一見、シンプルなようですが、実は袖がさりげなくバルーンに、また襟ぐりもボトルネックになっていたりとディテールが凝っていて、旬度の高い一枚になっています。私はツートーンになった太めデニムを合わせて、全体をワントーンでまとめてみました。バッグにつけたファーは実はティペットなんですが、こんな風にアクセントにして持つと、一気に華やかなムードになります。実はパンプスのヒールはべっこう柄になっているのもお気に入りポイントです」

落ち着いた色みながら可愛げもあるモーブピンクのベロアパンツ。ほんのり光沢のあるリュクスな雰囲気が全体を高見え。

ピンクの甘さをカーキが引き算。ベロアの光沢も女らしい

「ベロアは秋素材のビッグトレンドですので、ぜひ一枚は取り入れてほしいですね。このパンツはウエスト部分がゴムとひもになっていて、ほどよく力が抜けた雰囲気を演出できるデザイン。女らしいモーブピンクの色味も絶妙です。白いトップスを合わせがちですが、ちょっと甘くなりすぎてしまうので、あえてカーキの落ち感ブラウスで、上品な大人の色気を意識しました。トップスは襟が抜けた、前後差のあるシルエットになっているので、前だけをタックインにして、後ろをふわっと出す着方も簡単に決まりやすく、こなれ感がアップします」

小山田早織プロフィール

「With」(講談社)「GISELe」(主婦の友社)などの女性誌を中心に活躍する人気スタイリスト。本人のおしゃれな私服スタイルにも注目が集まる。TV「ヒルナンデス」や花王エマールのCMなどにも出演。「TOKYO STYLIST THE ONE EDITION」では自身がクリエイティブディレクターを務めるなど、活躍の場をさらに広げている。9月には初となる自身のスタイルブック「身の丈にあった服で美人になる」(講談社)を発売。

Back Number

  • a.v.v
  • ELLE
  • OFUON
  • MICHEL KLEIN
  • MK MICHEL KLEIN
  • Sybilla
  • Jocomomola de Sybilla
  • TARA JARMON
  • GEORGES RECH
  • GIANNI LO GIUDICE
  • CHRISTIAN AUJARD
  • YUMA KOSHINO
  • HIROKO BIS
  • HIROKO BIS GRANDE
  • eur3
  • CHRISTIAN AUJARD LIBERTE
  • Maison de CINQ
  • MK MICHEL KLEIN BAG
  • MICHEL KLEIN HOMME
  • MK MICHEL KLEIN homme
  • EMILIO ROBBA
  • ecbille
  • JOCOMOMOLAninos